スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間番号

 6年ほど前だったと思うが、国民の利便性を図ると言って、住民基本カードを持たされた。国が言うに、「このカードがあれば、どこへ行っても住民票の取得が出来る。皆さんにとって大変便利なシステムです」
こにカードも簡易書留めで各人に郵送された。
住民票は居住地の役所で交付してもらうので、私は必要ないとの理由で「受取拒否」をした。だいたい、旅行中に住民票の提出をもとめられる可能性は極めて少ない。旅行中に住民票が必要な場合があれば、初めからちゃんと準備しておく。

  各人に配布し活用されているであろう「住基カード」、いったいどの位利用されているのだろうか?
ある人は、そんなものとっくになくなった~~~~といい、あんなもの、最初から要らなかった~~~と言った。
  (あくしゅを訪問してくれたNさん、Nさんは住基カード持ってますか?)

  今回国民に12ケタの番号を付け、税務署や福祉の窓口など様々な機関がばらばらに持っている個人情報を、マイナンバーに集中し管理がしやすいようにするというが、いよいよ、人間も牛なみになったということか。
牛は11ケタの番号を付けられて、どこで生まれて、誰に飼育されてどんな餌を食べて育ったかが判るように管理されている。
 アメリカ産の狂牛病の牛が輸入され、消費者が安全性に危惧したために牛の管理を目的にして始まったのだが、今度は人間を12ケタで管理するんだって。
数年経てば、生まれた赤ちゃんに12ケタの番号を付け、マイクロチップを体に埋め込むようになるかも・・・・・・・

 私の情報が漏れたら?

  マイナンバー制度が始まるので、登録のために300万円振り込んで欲しいと役所職員を名乗る男性からの電話で、高齢者が騙されたと報道されていた。

  マイナンバの準備に掛かった費用は3000億円。企業の費用を加えると1兆円。
G8諸国の中には全員強制・生涯不変・官民共通利用の番号制を導入している国は存在していない。メリットがあると国は言うが、制度の目的は、福祉制度利用の抑制と税金の強制取り立てという専門家もいる。

 戦争法が動き出し、国民を管理できる番号を付けて戦争になれば、兵隊にとれる男はどこに何人いるか、瞬時にわかるだろう。
安倍首相の顔がヒトラーとダブってしまう。

あーニッポン

 夏が過ぎ、秋がきてここはもう初冬。
戦争法が強行されて原発の再稼動がこれまた強行され、TPPが「大筋合意」になったそうだ。戦争法は憲法に違反し、原発は福島の教訓を捨て去った。TPPの合意は、国会決議を無視したものだ・・・・・・何から何まで自民党や公明党にエエヨウニされていて、怒りが治まらない。    
 
  もう一つ。この町で、大型事業が提案された。周囲の女性たちに聴くと、良かったねーという声は聞こえない。でも、審議会で町長の提案に「大筋合意」と広報ン載っていた。

 「大筋合意」というのだから、たぶん提案通り大型事業が開始されるにちがいない。
国会でも、地方議会でも住民の意向はそっちのけで、数の力と諦めとで物事が決まって行くように思えてならない。この町の歴史がそうさせているのか、それとも、住民の声を届ける代表者がいないのか。
 
  国政でも町政でも、住民の声を反映しない(反映出来ない)状況がいつまでも続くはずはない。

議長とは?

 町議会改選後の臨時議会の傍聴に行く。
傍聴者は私を含めて二人。パソコンを持った若い人がいたが、たぶん地元新聞の記者さんだと思う。
臨時議会は定刻に開会し、会則に基づいて会議が進んでいった。

 臨時議会の大きな議案は正副議長の選任で、私なりに誰が議長になるのか想像しながら会議を見守っていた。
仮議長「只今から議長選挙を行う。立候補者は・・・・」との発言があり3人の議員さんが名乗りを上げた。
指名に従って議長になりたい理由を述べはしたものの、裏の事情がミエミエだった。

 結局議長に選任されたのは、過去4年間ほとんど一般質問に立った事がない三期目の議員さん。選挙では宣伝カーも出さず、町民に対して何一つ公約を示さず当選した。
選挙の結果、5票の獲得票があり、(立候補した二人は一票ずつ。無効票が一票)議会の顔に治まった。

 外野の私たちには何もいう権利がないので、傍聴は一時間半ばかりで引き上げてきたが、議会改革を叫んでも「踊れない」「踊る気持ちがない」「「踊りたくもない」「踊り方がわからない」のではどうしょうもないのかもしれない。

  夢から目が覚めた。
この記事が夢でありますように~~~~~~~~~~~~~~~~

知らないけど・・・・Yさんに一票を。

  10時前、出かけようとしていたら電話がかかってきた。
「Y後援会ですが、今回の選挙でYさんをお願いします」。 
 「Yさんですか?」
「是非当選させてください」
私は原発をなくしたいと思っています。原発が動いてまたあんな事故があってもかまわないのですか?あなたは原発が動くことに賛成ですか?」
「いえ、私も原発は怖いです」

 「ほんなら、原発を動かそうとしているYさんを応援して何も感じませんか?」
「いや、勉強不足です」
「今日の高知新聞を読んだらすんぐに判りますが、Yさんは集団的自衛権にも賛成ながですよ。アメリカ軍と自衛隊が海外で一緒に戦争するというがが、集団的自衛権ながですよ。それも賛成ですか?」
「いやそれは困ります。」

「だったらYさんを応援したらおかしいとおもいます」
「どこからおかけですか?町内の方ですか」
「いえ違います」

 Yさんが国会議員になったのは平成2年だから、かれこれ24年も高知県の代表として国会で「働いて」いますが、これはありがたい、随分高知県もよくなったということは何にもありません。
良くなるどころか、来年は介護の支援がなくなるし、小学校の30人学をもとの35人学級にとの動きもあるのです。

  今度の選挙で、自民党が勝てば「国民から支持があった」ということになり、安倍さんの思うがままの大企業と大金持ちが栄えて、民滅ぶの日本になリはしないかと心配します。

この選挙、自民党と自民党にヨイショする政党にレッドカードを。
共産党を大きくするチャンス!が今でしょ

日本を「軍事大国」へ取り戻す

安部ヒトラー

なかなか良くできた作品です。
上のロゴを「いぬのふぐり」さんから拝借しました。

 今衆議院選挙の真っただ中。 高知新聞では有権者の意見を募集し連載しています。手ごたえがある内容で、共感することが多々あります。
安倍さんは都合がいい事だけ「国民に信を問う」といいますが、アベノミクス経済対策よりも国民の命に関わる集団的自衛権・原発再稼働問題・年金基金の株運用など「信を問う」てもらいたいことは知らぬ顔。
 
 得手勝手な 公約掲げる 二枚舌

 雪が降っています。
明日の「福島の今」の講演会に出かけられるか心配です。

火災避難訓練

  今日は宅老所の避難訓練です。
前もって「訓練」を行うという事が判っていて、誰がどのように逃げるのか「ストーリ」が出来ていますので、ストーリートどおりに行動すればいいので、気が楽です。
 約束通りの時間に施設へ行き、宅老所に参加しているみなさんとその時を待ちました。

 13時30分、宅老所の炊事場から出火!
非常ベルがなり、消火器での消火が困難ということで、「逃げよ」との指示。
予定?通りお年寄りを介助しながら、指定された非難場所へ無事逃げる事が出来ました。「逃げてください」と指示があって3分足らず。
逃げ遅れた人はいないか、責任者に報告し全員無事と確認されました。

 避難のあと、消防署の皆さんと行政のかたがた施設利用のみんなが一同に集まり、消防署からの訓練で気付いたこと、今後の訓練の内容などお話があり、参加者も気付いた点を出し合いました。

 この訓練で、もしもの時にこの施設の安全性はどうなのかの課題が見つかりました。
一日も早い解決の道筋を立ててほしいものです。

豪雨の後

 8月1日からほぼ毎日大雨に見舞われ、どこもかしこも水浸しになりました。役場の皆さんはいち早く「災害対策本部」に集中し、町民の安全確保に奔走していただき、お陰で安心して豪雨の去るのを待つことがでました。
 前半の雨で、町管理道から我が家の庭に大量の雨水が流れ込み、10センチを超す浸水被害を受けました。幸い水に浸かってもかまわないものだったので、特に「被害」ということはありませんでしたが、今後の事もあるので、写真を映し役場の担当課に連絡をいれました。担当者が訪問してくれたので、事情を説明し町道の改善をお願いしました。

  その後の台風11号は風を伴っていたので、庭の鉢物を家の中に入れるなど、一定の準備をして通過をまちました。
心配しましたが、我が家には公道からの浸水がありましたが、無事に時間を送ることができました。
一段落したあと、携帯電話に「エリアメール」が送信されている事に気づき、開けてみると「あら、隣町」から発信されたものでした。
 隣町も豪雨のため、全町に避難勧告が発令されたようで、避難を促す内容が示されていました。隣町からなぜ私の携帯に送信があったのか、なぜ、私の情報が隣町の行政にあるのjかわかりませんが、私が不思議に思うのは、我が町も全町民」に避難勧告を発令したのも関わらず、エリアメールでの発信痕跡がなかったことです。

  いつだったか、地震速報を受診した経験があり、「これは役に立つありがたい」と思っていましたが、隣町からのエリアメールで、「なぜ私の携帯番号を・・・・」という疑問がありますが、きめ細かい隣町の対応に、感心したのはさてさて、私だけだったでしょうか?

DSC03766.jpg
DSC03768.jpg

豪雨と緊急放送

 8月1日から降り始めた雨は、止むことを知らず県内を水浸しにしました。
2日の深夜3時に緊急放送があり、土砂崩れ警報が出されたので十分注意をしてください。情報はラジオで聴いて下さいとのことだった。
 私はいつも枕元にラジオを置いているので、ラジオを聴いて下さいと行政から指示があっても困らないのですが、この町は山深い個所が沢山あり、電波が届かない地域が存在している。
電波が届かない地域の方々に、「情報はラジオで」と緊急放送しても、面食らうのは電波過疎?のみなさん。

  行政の方は、町内全域でラジオ放送が受信できると思っておられるのか、初めからラジオぐらいどこでも聴くことができると「能天気」なことを思っているのか知りませんが、緊急時に「ラジオを聴く・・・・云々」と町民に知らせるのなら、ちゃんとラジオを受信できるように整備して置く必要があると思います。

 最近なにやら、行政に疑問の声が聞かされる事が多くなりました。
その声の多くが、わしらあがいろいろ言っても、町の人は聴く耳を持ってない・・・・・初めから決まってしまって町民の声を聴く)真似をしているだけと苛立ちをあらわにする人もいました。
 そんな声を聴きながら、三年前の高知新聞の「公の群像」を思い出しています。

 この町は幸いなことに大きな水害はなかったようですが、記録的な降雨で被災された方にお見舞いを申し上げたいです。



きょうこそ

 今から高知まで買い物に出ます。
戻ったらちゃんと更新します。 さしあたり広告をなくするための「作戦」です。

使わない物に埋れて・・・・・・

IMG_4702.jpg
           オキナグサ

IMG_4708.jpg
                シロアザミ

  連休が終わり、普段の生活に返りました。
私はこの間仕事に精出し、合間には物置の片づけやら不用品の処分に時間を費やしました。あんまり動いたので、少々体の節々が痛みます。

 なぜ片づけを始めたのかって言えば、あまりにも使わない「物」に空間を占領されているということをしみじみ感じたからです。
本棚の本、何回も読むつもりがないのに、じーっと並んで出番を待っている。が・・・・・手に取ってやることはほとんどありません。
 台所の棚にごちゃごちゃしている道具たち。母が使っていた物と私が持ち帰った物で、そこらじゅうの空間を占めています。

 うーん、邪魔!
不燃物処理の日に出そうと準備したら、コンテナ6つも出来ました。
それでもまだまだ不用品は残っています。

一度に出来ないので、明日また物置に頭を突っこんでみようかなー

(こんな調子に私もスリムになればいいのに)

又又、ま・ええか!

IMG_6336.jpg
            チャルメルソウ

IMG_6266.jpg
     ショウジョウバカマ

 3月議会報告と町広報が届けられていた。
その中で気になったのは、デイ・サービスが人員配置が整わないので、暫く休止だそうな。
「人員配置が整わないので、休みますよ」って知らせてもらっても、利用していた高齢者が休止中は元気でいられるということにはならないだろうし、いったいなぜこのようなことが起きたのかの説明がないので判らない。

 町長は「今年は社会福祉協議会が法人としてスタートする。この町ならではの福祉を充実する」と確か選挙の公約で約束していたと記憶しているが、新年度早々「ディ・サービス」を休むなんて、なんかねー
民間事業所の運営だったようだが、行き場を失ったお年寄りがいなければいいが・

ま・ええか!
いろいろゆうたちなんちゃにならん・・・・・・
 

若者定住政策とSさん。

IMG_6305.jpg

IMG_6308.jpg

  この町に永住したいとの願いを持っている青年がいる。空き家を探して西へ東へバタバタしていた。今の宿舎は3月末で契約が切れるので、なんとか早く見つけたいと気が気でない。決まった収入を得るためには、高いハードルが待っているが、何をおいても住居が見つからなければ次に進めない。
 空き家の情報を得大家さんに頼んでも、「良いですよ」とはならず、半ばあきらめ出身地へ帰ることも視野にいれていた。
たぶんよそ者を警戒しているのだろう。

 途方に暮れかけた時、心当たりがあるとの電話があり早速現地に行ってみる。日当たりが良く空き家になって一年弱。親戚の方が管理をしていたとのことで、家自体はあまり痛んでない。
「ここ良いジャン!」
家主さんも一時帰郷してくれて、契約に運びになった。これで一安心。Sさんはこの家で自給自足の生活を5月から始められるようになった。

 この町は、深刻な人口減が続いている。中山間地はどことも同じ問題を抱えているし、このままでいたなら自治体としての機能が果たせなくなるとの危機感がある。
ただ、500人を切る0村が困難を抱えながらも頑張っているので、それからすると「余裕」と思っているのかもしれない。

 そこでこの町は、Iターン・Uターン。Jターンで人口増を目指している。
町内の空き家を探し、家主さんの了解があれば10年間町が借りる。町は450万円を限度に空き家の改修を行い、町営住宅として移住者に貸す。
 空き家のままで朽ち果てるのを待つより、改修すれば住まいとして活用でき何より地元の大工さんの仕事になる。これはいい!と思っていたが当てが外れた。

 町営住宅となれば、収入によって家賃が決まるのでSさんの場合は15,000円の支払い額になるという。しかも、住宅に入るためには、抽選というハードルも待っているから、必ず「入居」との保証はない。

 つまり、ある程度の収入があり時間的に余裕がある人は行政に頼ることができても、収入の道はこれからだが、なんとしてもこの町に住みたいと言う人は、行政に頼ることはできない。
 数年間この町に住んでいた実績があるSさんだったが、借家が見つからず路頭に迷っていても「入居するなら抽選」&「支払いが困難な家賃」のハードルは越えられなかった。

 困難を極めたSさんの家探し。
みなさんのおかげで住みかが出来たので、あとは自立のために頑張るしかない。

私はSさんの「親」のつもりになって、出来る援助をしたいと思っている。

介護保険は誤解保険

 15日に国民年金が支給される。
国民年金は偶数月が支給日で、2月3月分が口座に入る。 腹が立つのは勝手に介護保険の保険料を差し引いていること。
年金加入者が「天引きしてもいいですよ」と納得したわけではないのに、加入者の都合も聴かずに一方的に徴収するのだから、たまらない。
 法律で決まったから従えと言われればそれまでだが、介護保険料が確実に入るように「合理化」しただけで、そこには相手の都合は・・・・という配慮は見られない。

 聴くところによると国は、介護の要支援を「介護保険適用」から外すとの方針らしい。もし適用が外されたら、支援が必要な人はどこを頼りにしたらいいのだろうか?
保険料は有無を言わせず年金から天引きし、介護の内容は改悪をするなんて。

 私は今は元気で暮らしているので、介護をされる立場に立つには時間の余裕はあるが、しかし不死身ではないので怪我をして車いすの生活になるかもしれないし、プツンとなって手足に障害がのこる病にかかるかもしれない。もしもの時に
頼りにしたい医療や介護の制度が、これほど簡単に中身を変えられてしまっては、サギにあったみたいだ。
消費税は福祉に100%使うと阿部さんは言ったが、それならなぜ医療制度や介護保険制度を後退させるのか!

 これから私は「どこに住めば安心の老後」を送ることができるか、数ある自治体を調べて住む地域を選ばないと生きていけなくなる。
「子育てにやさしい町は?」「老後の暮らしが安心の町は?」

 IMG_4501_20140411112555a87.jpg


IMG_4503.jpg




ガタガタ ギシギシ

 深夜2時過ぎ。草木も眠る丑三つ時。地震の揺れで目が覚めた。
と同時に防災無線放送が「緊急放送!・・・・・・」と電子音が聞こえる。
私は飛び起き、ピース(飼い猫)を抱っこした。
抱っこしながらパジャマの上に防寒着を身に着け、サッシの窓を開けた。
窓を開けた時に、たまたま帰宅していた二男が二階から降りてきて、「オッカー ガスの元栓を閉めたぞ」と私の様子を見に来てくれた。揺れは治まっていた。

 結局震度3の揺れで、事なきを得たが,「反省点」が見つかった。
まず、避難袋を枕もとに置いているのに、持ち出すどころか完全にその存在を忘れていた事。二つ目は、ネコのピースを守ったが、88歳の母に「どうだったか?」の声掛けをしなかったこと。
母の住まいは最近建築して基礎が丈夫に作られているので、地震でも倒壊の心配はない事もあったが・・・・。

 重大な揺れではなく、被害が見られない事は幸運だったが、深夜の大地震があった場合自分としてはもう少し「しなければならないこと」を検証しておきたいと感じた時間だった。

 ● 寝る前には非常持ち出しのことを一瞬でも見る事(指さし確認が良いかも)
 ● 非常持ち出しの中身を点検し、充実指す事
 ● 窓際に履物を置くこと

 只今我が家は耐震診断をすませ、次は耐震対策を待つ身。
行政の支援があるので、これはありがたい~~~~~活用させてもらっています。
 町長さん、感謝しています。
 


いつか来た道

安部自民党政権になって、言いようにない不安に駆られている。
参議院では「特定秘密保護法案」の採決は、議事録が取れないようなドサクサに紛れた決め方であった。
わーわー騒いで、何が何やらわからないうちに、私たちの知る権利を奪い報道の規制をする法律が成立してしまう。
委員会で「採決」した時の議事録は聴きとり不能と記載されている。
こんな独裁政治でいいのか!これは数の暴力でしかないと毎日苛立っている。
 
  特定秘密保護法(案)は、7-8割の国民が強行はダメ、もっと審議を尽くせとの世論調査が出されたし、 法律の専門家や著名なジャーナリストも映画関係者など多方面から反対の声が上がっていた。
一部野党は修正案をだしたが、修正したとて国民の口をふさぎ、耳を奪い、目を覆う暗黒社会に逆戻りの悪法に変わりない。
それにも関わらず、数の力で有無を言わせずルールを無視しての強行採決は、自民党のお家芸なのだろう。

  安部首相は「国民の皆様に丁寧に説明した」と嘯いていたが、私にはあの顔がヒトラーとダブって見えてしょうがなかった。
そういえば麻生さんは「憲法改正はナチスを学んだら?」って言った。
石破さんは、原発反対のデモを「テロ」扱いしていた。
いずれも本音を吐いたもので、「特定秘密保護法」の正体を吐露したのだろう。

集団的自衛権(アメリカの戦争に日本も参加する)は憲法に触れないとの考えを持つ人物を法制局長に任命し、着々「いつか来た道」に進もうとしている安部自民党政権。
 選挙の時に自民党に投票した方々は、この現状をどうお考えになっているのだろうか?

デモが「テロ」行為?

 昨日は伊方原発再稼動反対の大集会に参加した。シシマル(国道440号線)経由で松山へ。
集会の会場案内を「ナビ」様にお願いして、スイスイ会場まで行くことができた。おりこうさん!って何回も褒めてやった~~~~~~~~当町からも子どもさんを含めて10人の参加。
 
 伊方原発は廃炉に。子どもたちにきれいな空気を。思い思いの願いを書いたステッカーやプラカードを持ち、「私は」を意思表示。
音楽あり、各方面からの訴えありで肩が凝らない楽しめる集会だった。
 しかし、楽しんでばかりはいられない。
昨日自民党の石場幹事長が、国会周辺で「特定秘密保護法反対」のシュプレキコールを指して「テロ行為」とブログに書いた。
後でこのブログを訂正したらしいが、ついこの間「憲法を変える手法はヒトラー」に学べと自民党のアソウさんの発言もあったが、ゲニ自民党って政党は怖いねー。
国民あっての国家なのに、国家の都合に合わせて国民を縛るなんて。いったい国家って何だろう。

 秘密法が施行になったら公安警察がブログをチエックし、気に入らない事を書いていたら「テロ」と判断するかもしれない。
表現の自由や知る権利を奪う「特定秘密保護法」は一般市民も対象になる。
6日までの国会、注目せんと!

 
くろねこ時計
つ な が る よ 
あくしゅのデーター

hinatatosatori

Author:hinatatosatori
写真は「アケボノソウ」

★19××年8月26日/四万十川の源流付近で生まれました。
一女・二男の母親。
目の中に入れたくても入らない孫二人。

★只今自然エネルギー自給率28.5%の町に住んでいます。伊方原 発廃止のための裁判では原告の仲間になりました。

☆支持政党は、「日本共産党」です。
     
★ 2007年6月1日
  ブログ「あくしゅ」をオープンしました。

★ コメントはどなたからもお受けします。
ただし他人の誹謗中傷の内容だと「私が」判断すれば、管理者の責任で削除します。

★血液型  大型(0型)
身 長   156cmだった。
体 重   測定不能
      

   【アクセス数記録】 

9月13日に1000ヒット達成。11月1日に2000ヒット
12月12日3000ヒット達成! 
08年1月22日に4,000ヒット達成!
5000アクセスは2月29日  切り番は、薩摩長州さん
6000アクセスは4月5日  切り番は友さん。
7000アクセスは5月10日 切り番はネコちゃん!
8000アクセスは6月⒍日  切り番はみどりさん!
9000アクセスは7月3日  切り番はネコちゃん 
10,000アクセスは7月29日 切り番はケンシロウさん
15000アクセスは10月30日 切番はSさん。
30000アクセスは5月29日 切番はネコちゃん  
40000アクセスは9月10日 切番は?

70000アクセスは2011年6月13日 切り番不明
90000アクセスは2012年10月13日切り番さん不明


コメント、ありがとう!
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。