スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

         新年おめでとうございます
                       2014年 元旦  あくしゅ

 
今年は4月から消費税が8%になり、介護保険の要支援は市町村に移行されるなど、年金生活者や生活困窮者、日常の介護支援者に負担がのしかかる年になります。
 
 厭なことはいやと言える社会が遠のく中、弱い者が手をつないで世の中を変えるしかない日本の右旋回ですね。

    目ん玉を開いてよく見
    周囲に惑わされずよく考え
    おかしいことはおかしいと言えるように

今年もシコシコ暮らそうと考えています。
よろしくお願いします。

選挙演説 その2

  弁護士さんというのは、正義感に燃えて強気をくじき弱気を助けるもとですが、その見本が今度の参議院選挙に比例候補として頑張っているのが日本共産党の「仁比そうへい」さん。
 出陣式の挨拶を紹介します。
仁比さんは、水俣病の被害者救済のために国と企業を訴えて闘った被害者のために、弁護団のメンバーとして長年がんばった正義の味方です。

熱血弁護士 仁比そうへい候補
 特にTPP反対の町民大会を開いた当町の良識あるみなさんは、仁比さんの演説を聞いてまさか自民党の応援はしないと思いますが。いかがでしょう?

IMG_4853.jpg

IMG_4812.jpg


 

参議院選挙

IMG_4767.jpg

IMG_4757.jpg
 

 今日から参議院選挙。
着変え一式、バスタオル二枚、雨靴を準備して、私が担当している地域の選挙ポスターを貼りに行った。
空は今にも泣きだしそうな黒雲。
届け入れ順番が決まるまで待機し、事務所へ電話して「一番」との知らせをもらい、Mさんと出かけた。
昨年の総選挙の時に、初めてこの地でポスター貼りに出かけて、うろうろしながら走り回ったので、今回はスムーズに行くであろうと思い、届け入れ一番に気を良くして、町の中心地から貼り始めた。

 心配していた雨は降らず、雨靴が重たい。
私の顔はまだアンパンマン状態なので、マスクは付けたまま。
マスクを付けて効果的なことは①すっぴんでも構わない②汗をかいたもマスクが吸収してくれるのでらくちん。
③マスクを外した後、自然の風にありがたみを感じる。(ま、これらはへ理屈だが)

 二三度迷いながら、ポスター貼りを終えた。
選挙が終えたら、道すがらに私が探していた「コケ」があったので、集めに行こう!

 大事なことが後になったが、私は浜川ゆりこさんと比例選挙は日本共産党を応援している。
参考のために、浜川さんの演説を貼りつけましたので、ごらんください。

浜川ゆりこさん

葬儀 2

 父は遺言で家族葬を希望していた。
前々から、もしもの時は質素で厳かな「式」を考えていたらしく、祭壇に飾る写真は前もって写真屋さんに注文し、もしかの時は家族に渡してほしいと頼んでいたそうだ。
 仕上がった写真は数年前に私が写した写真で、少し笑みを浮かべている。そうとは知らない私たちは、病後のやつれた写真ではなく、頑固オヤジらしい写真を選びだし、葬祭屋さんに紋付き袴を着せてほしいと頼んだ。

 式の前日、凛々しくこちらを向いた写真が出来上がり、これで行こうと遺族で話し合った。
話し合った後、本人からの注文で・・・・・という事で、先ほどの遺影が届いたというわけだ。本人が決めていたというから、これは尊重しなければならないと祭壇の中央の写真と交換した。
 私たちが「ちゃんと葬儀の準備ができるのか、高いところから監視している様だ。

 金曜日の朝は早々に役場へ出かけた。
早く死亡診断書を提出し、火葬許可証を出してもらわなければならない。
手続きは案外早く出来、その足で神官さんにアドバイスを受けようと自宅を訪問した。
 子どもが初めて親の葬式を出すということを話すと、丁寧に色々アドバイスをしてくれ、慣れない私たちよりもプロの手を借りましょうと、父が若い時にお世話になっていた農協の葬祭をお願いすることにした。

 訃報を聞きつけた親戚の方々が「これは大変」と駆け付けてくれ、地域の名士にここでのしきたりを話してもらった。
「家族葬」と言っても、気持ちはわかるがお父さんが地域で果たしてきた役割は大きいので、地域のみんなも式に参列したいと思う・・・・とY氏。
 私も何が何でも家族葬とは考えてないし、折り合いを付けながら質素な葬式にしよう思った。

 通夜は土曜日午後6時から~
神官さんの提言もあり、通夜祝詞はあげず家族で時間を送るのもいいでしょうと、親族・地域の方に特別な案内はしなかった。
 時間が来ると、ひっきりなしに弔問客があり家族で時間を送るということにはならなかったが、私はこれで良かったと思い、皆さんに感謝している。

 明日葬式という前日は、様々な準備があり妹やイトコと分担して事を進めた。
日曜日は雨。
これは大変皆さんが濡れたらいけないので、玉串法典の場所にブルーシートを貼ろう。
 榊を集めてくれるのは?
精進落としの料理は?
火葬場へ行く車の手配は?

 葬祭屋さんが出来る事と、遺族がしなければならないこととのさび分けに従って、準備を進めた。
この間に、喪主に代わって「お礼」を述べる役割をもらったので、少し時間を割いてパソコンの前に坐った。お礼の文章ができお上がった頃、東京・愛知から長女と長男が到着し、少しおくれて二男が帰ってきた。
 これで準備万端出来上がり。

 イザ本番!
神官さんの祝詞が始まる。頭を垂れて祝詞の内容の聞き入る。
しかし、どこからか私語が聞こえてくる。これは残念だった。
 葬式は自宅で行ったので、親戚の皆さんには狭いところで不便をかけたかもしれないが、父は退院を待っていたし生涯掛けて築いた家から旅立たせることは、最後の親孝行だったのかもしれない。
 出棺の時、遺族を代表して、次のような挨拶をした。挨拶文は印刷ししてお返し物に入れた。


 遺族を代表して、ご挨拶を申し上げます。
本日はお忙しい中、ご会葬、ご弔意をいただきお陰さまで葬儀・告別式を無事終了する事が出来ました。
生前は、皆さん方に大変お世話になり、こうして最後のお見送りに来ていただき、父も感謝していると思います。

 父が自衛隊を退職して、先に帰郷していた家族と梼原で生活を始めたのは、父が38歳の時だったと思います。私たちの記憶に残っている父は、母と二人で懸命に働く姿と、気のあった仲間の皆さんとお酒を酌み交わす姿でした。
農業協同組合・森林組合でも仕事を全うし、近年は「住吉」のイキイキ農園で野菜を育てる事が生きがいでした。ここでも沢山の皆さんにお世話になりました。
 
 1月に入院しましたが、病気の体であっても「ユーモア」に富み、退院目指して努力を惜しまない父がいました。死期が迫る数時間前まで、頭はシャッキとし、イエス・ノーの意思表示ができる見事な旅たちでした。
 92年の父の人生は幕を下ろしましたが、どうかみなさん、これからも遺族に対し父と同様にお付き合いをいただきますように、心からお願いいたします。
 今から斎場に向いますが、お隣の「和の里」に食事を用意しています。お時間の許される方は、父の思い出などお話していただければ幸いに存じます。
 本日はありがとうございました。        


 明日からは、各種手続きをしなければならない。

首長の判断で・・・・・

DSC01560.jpg


「ベコを返せ! ふるさとを返せ!フクシマを風化させるな!差別をするな!」(長谷川健一)

福島県の飯館村で家族8人が暮らし、家族で酪農を営んでいた長谷川さんは、原発の事故ですべてを失った。
長谷川さんは、原発の実態を聴いてもらいたいと、全国を訪問しているそうだ。
 友人の誘いもあり、雨の中を車を走らせた。

 会場は高知大学朝倉キャンパス。
大学の敷地に入ると、学生さん達を沢山見かけた。当然皆さん若い・・・・いいなー
講演会場は、小じんまりした部屋で私たちが会場に入った時は、長谷川さんは準備を整えられ、司会の方らしい人とお話をされていた。
 あの人が長谷川さんか・・・・・・・・・・思ったより大柄の人だなー

 長谷川さんが地震にあったのは、畑で仕事をしている時で、畑が波のように揺れ足元には何本もの亀裂が走った。
地域の区長さんをしている長谷川さんは、揺れが終わると地区民の家を訪問し、安否を確かめたそうだ。
自宅の損傷はあまりなくて、津波から避難してきた方の御世話を地域で行ったそうです。
 そのあと、おかしいと感じたことがあり、テレビでは枝野官房長官が、原発から大きな音がしたと伝えていた。

 そこから、長谷川さんや福島の苦難が」始った。
飯館村の村長さんは、放射能のデーターを村民には知らせなかった。
長谷川さんは地域の帰り、5つの班長さんを集合させた。
その時、雨が降りのちには雪になったが放射能が一番強い時に集合をかけたことが後でわかった。
「外に出るな。子どもは特に外に出すな。外に出るときは肌を出さず、マスクをせよ」と指示を出した。
 一番放射能が高い時、マスコミが取材に来ていたが(3月15日 午後5時ごろ)100μシーベルトの値から針が振り切れた。

 国は御用学者を村にこさせ、安全だ安全だと村民を「安心」させようとした。村長は、雇用を守るといい、全村民を避難させず、老人福祉施設を避難対象外にし、住宅避難した職員さんを施設に通わせている。
方や、南相馬市の市長は、市長自ら避難用のバスを各社に要請し、市民全員を避難させたという。

 長谷川さんは云います。
飯館村は、日本一美しい村連合に加盟し、合併をせず村民みんなで頑張ってきた。貧乏でもいい「までいの村」を作ろうって。
 それが、原発事故のために村を出ていかなければならなくなり、酪農も続けられない。
    
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・

 私は、もし、伊方が福島のようになれば・・・・と自分たちの町の「もし」を重ね合わせて長谷川さんの話を聞いたが、原発は危険なものでいくら基準を厳しくしても、安全は確保できないということと、何かが起きた時のリスクを考えれば、イヤ、リスクを考えなければならない事が大変なリスクになる死の装置との思いをさらに強くした。
 伊方原発のそばの中央構造線は不気味な静けさを保っているが、今は静かでもあすは判らない。だから、少々不便でも、少々電気料金が高くついても、新しいエネルギーのもとで安心して暮らしたい。

DSC01564.jpg


拝啓 福寿草様

小さい町の大きな挑戦

IMG_0933.jpg
              梼原町中心部

  

 福寿草さま  福寿草

 お元気で御活躍の事と思います。
昨日福寿草様のブログを拝見し、これは反応をしなければと書き込みをしています。
4月30日の放送を私も観ました。

 この放送はNHKにしてはいい番組で、「嫌われ者」がどれだけ先駆的な考えをもっていたのかを証明していましたね。
番組は、ドイツのシェナウ市に住んでいるスラーデェクさんの運動を取り上げています。

 シエナウ市は、チエルノブイリから1700㎞離れた町です。
原発事故が起きた時この市のお母さんたちは、子どもたちを守ろうと「原発の無い未来の会」をたちあげて勉強会を開いきました。
どうすれば、原発をなくすことができるか?
町ぐるみで節電競争もしたり、放射能が含まれている食料を避けるため自主的に農産物の放射能測定をしたり、お母さんたちは頑張っていました。

 当時ドイツは原発推進でした。
スラーディクさん達は、町で作った太陽光発電や少水力発電を高く買い取ってほしいと電力会社に掛け会いましたが、拒否されました。
そこで住民投票を行い、町で電力会社を起こすことを決めました。

 問題が起きたのは、送電線の事。
電力会社に掛け合うと、「2億円だすなら譲ろう」との事でしたから、市で寄付を集め2億円準備しました。所が電力会社は4億円よこせ!といいます。

 市はあと2億円準備しなくてはなりませんが、大変高いハードルです。
そこで全国に訴えて、出資を募りました。
お金はすぐ集まり、送電線は公共の財産になりました。
1997年、シュナウ電力会社が設立されました。
スラーディクさんは、現在この会社の社長さんです。

スラーデックさんは「私は電力会社の嫌われ者」と言います。
現在ドイツは100社の電力会社が出来、消費者が電力会社を選べるようになっていて、シュナウ電力会社は2400人のために起こした電気は、13万人に電力を供給しているのです。
もちろん、シュナウ電力発電所は太陽光発電・風力発電・少水力発電など原発以外の発電というのは言うまでもありません。

 日本では、電力会社が独占企業として君臨し、電力会社から多額の献金を受け取っている議員が国会の中枢にいるし、電力会社の労働組合から団体献金を受けている議員とつるんで「規制緩和」の邪魔をしているので、ドイツのようにうまくいかない点があります。
ここを突破すれば、シュナウ市のように原発からの電力を拒否し、自然エネルギーで作られた電気を売っている会社を選べるようになれますね。

(東京都の城南信用金庫は脱原発を宣言しました。・・・「あの時「脱原発」を宣言しなければ、城南信用金庫が存在する意味がなくなってしまうと思いました」「原発には、地域を失うリスクがあります。地域に根差した信用金庫として、原発にどう向き合うのか問われていると思いました」。「再稼働を言う人には、人類に対する責任問題になりますよ。責任を負えるのですか」と思ってしまいます」と理事長の吉原さんは発言しています)

 
 福寿草様
4月30日の放送は、このほかにもデンマーク・フィンランドの電力と核廃棄物処理について日本との違いを示していましたが、ここでも日本が大企業いいなり大資本いいなりの政治ということが分かりますね。
 
 福寿草様
もう自民党や民主党を応援するのを止めて、共産党を応援して下さいな!
共産党が原発にたいして過去どのような国会論戦を行い、原発の危険を知らしてきたかの資料も読んでくださいね。

 

 あくしゅを訪問された皆さん
テレビの放送をメモを取りながら視聴したものを文章にした内容です。
細かい点で、放送の内容と微妙に異なっている点があるかもしれませんが、それは私の感性ですからどなたからの批判も受けたくありません。



無題

今日も雨。
春の雨は風情があって、嫌いではありません。
暖かくなって背伸びしている新緑が、空に向かって深呼吸をしているので、少し元気をなくしている私は、葉っぱの息使いに励まされているのです。
連休は人の流れがいいはずですが、今年のゴールデンウィークは昨年より静かです。
 行きつけの喫茶店のオーナーも、2年前の半分が去年、去年の半分が今年で、どうしたことかと思うほど暇だと話していました。

 さて、今日はマグロの一日を書き込んでみたいと思います。
昨日は朝から雨。
少し肌寒い日でした。父を見舞って役場での用事を済ませて気が付くとお昼前。
母と弟と三人でニラの卵とじを食べました。
ニラは、血液をきれいにする働きがあるので、残さんように食べてね~~~~~~
 あり合わせのおかずとニラで血液がきれいになって?・・・・・お腹が満たされ・・・・眠くなりました。

 母と弟も自室へ帰り、私も片づけを終えて部屋でパソコンに向かっていました。外は雨、肌寒いしお腹は好い調子~~~~~~
 アー寝むい。
少し昼寝をしようかと横になったら、すぐに眠っていました。
そして目が覚めたのが、4時間後。

 その晩は、当然目が冴えて目がキラキラ!寝る事を諦めて、部屋の片づけ開始。
今日はダラダラして、変な一日だった。

教訓
  昼寝は10分以内の事。

                     DSC03652.jpg
                                   ハナイカダ

おっ!小池さん

DSC01252.jpg

 4月24日付けの赤旗日刊紙に、前参議院議員の小池晃さんが、檮原を訪問し町長との対談と自然エネルギーの現地視察を行ったと報道されていました。
赤旗では、四国カルストの風車を見学している小池さんが写真に出ていたが、私は「頭」だけが・・・・・
 
 対談の場所になぜか私が同席し、これは檮原の宣伝になると写した写真が「これ!」
小池さんは、長年梼原を訪問したいと思っていましたが、なかなか時間が取れずにいたが、今回訪問の機会が出来て、町長との対談が実現し嬉しいと。
「檮原のような取り組みが全国に広がることを期待し、原発に頼らないエネルギーの確保に、今後も努力を続けると」話されていました。

 また、野田民主党がすすめようとしているTPPについても、「反対しましょう」と町長意見がと一致し、和やかな雰囲気で対談が終わりました。

「いやー檮原の町長さんは、懐が広い方」
以前住んでいた四万十市の前S市長とは違うねー


IMG_0933.jpg

                  あけましておめでとうございます。
 
 この町は私が暮らしている町で、人口は3800人の小さい自治体です。
2009年6月に住民票をここに移し、両親とともに生活しています。小さい町ですが、最近この町は脚光を浴び、各地から視察のお客さんが訪れています。
 そうーです。電力の自給率が28・5%の環境モデル都市がこの町なのです。
四国山地の中央部、海抜415mの山間地で、福祉と環境に力点を置きなんとか自立しようと頑張っている我が町。
 
 今年は私自身貢献できることを見つけて、出来る努力をしようと思います。
そして昨年よりはまじめに?ブログ更新を行い、少なくても昨年の更新数75回を大きく上回るようにしたいと思っています。

 そのためには何よりも病気せず元気な毎日でいなくては。

                  今年もよろしくお願いします

DSC07078.jpg
              絶滅危惧種「ヒメノボタン」


 今日は好い天気。
少しひんやりした風は乾燥して肌に気もちいい~~~~~~~
先日所要の為NAKAMURAへ行き、友人とお昼を楽しんだ。会いたい人がいっぱいいるが、いつも急いで帰らなければならずいつもご無沙汰ばかりです。

 30日、検診までに少し時間があったので、MAHARAのヒメノボタンを見に行きました。
MIHARAの知人は、今月(9月)いっぱいならなんとか見る事が出来る言ってたので、民宿から車を走らせて20分。
 三年前よりそこは整備されていて、オミナエシやフジバカマなじなど秋の山野草が咲いていました。今年は見にいけないとあきらめていたヒメノボタンは、「まだまだ冬支度に早い」と花の盛りはこえたものの、十分私を満足させてくれました。

 2時間ばかりそこでぼんやりして、生協の診療所へ検診に。
朝ご飯を食べないように言われているので、腹ペコ青虫です。成人検診・骨検診・心電図と動脈硬化検診・胸のレントゲンなどの検診を受け帰宅しました。
 骨密度は年齢に対して144% 動脈の柔軟性は40代の血管 肥満度は秘密 ・・・・・
今回受けた検診分は「特に異常なし」

 久しぶりに気晴らしが出来たので、気合いをかけて夕食の準備に間に合うようにパンをかじりながら帰途につきました。


 

 

丁寧に・・・・・検証をしたのか?

 友人が隣町のセラピー道路の散策に行った。
誘ってくれたが、家事のこともあるので今回は断った。
この散策道は、四国カルストの天狗荘の東側の山麓を横へ横へと歩く、比較的初心者に向いた山道で,何回も行ったことがある。
 私の場合は時間が限られているので、目的の山野草の写真撮影が終わると、元来た道へ引っ返すので問題はなかった。

 しかし友人たちは違った。
友人たちは道しるべにしたがって山の奥へはいって行った。
奥へ入って天狗岳につながる道へ登り、いい汗をかいてお弁当の予定だった。
 しかしなんか変。
この道でいいのか・・・・・

 13時半過ぎに私の携帯に「道がわからなくなったと」連絡がある。
周囲の景色を聞くと、遠くに白い山が見えるという。
その山は鳥形山の石灰採掘場なので、白い山を背にして西のほうに歩くように話した。
鳥形山が見える山頂付近は、たぶん天狗岳だと思うので、このアドバイスは間違っていないと思う。
 友人は西の方向が分からないというので、お日様を目指して歩いたらいいと私。

 そして約3時間後、道がわからない三差路に出たとまた連絡が入る。
三差路?
私にはもうアドバイスはできないし、17時という時間は日没に近い。
専門家に道を聞く方が的確だし、もしかして迎えに来てくれるかもしてないとおもい、今から天狗荘の電話番号を調べるの直接道を聞くようにと、いったん電話を切る。
折り返し連絡を入れた。

 夕方、無事帰宅した友人から「大変だったー家に帰ったので安心して」と連絡が入ったが、道に迷った原因はどうも道しるべの不備らしい。
これでは困る。
 週明けに隣町の役場へ連絡し、標識の点検をしてもらうように要請しなきゃー

気抜け

 二か月ほど鼻血が出るほど忙しく、このまま過ごせば少し痩せるぜ!と淡い期待と見果てぬ夢を見ながら過ごしてきた。
二か月はあっという間に過ぎ去り、今は普通の生活パターンにもどっている。
習慣というのは恐ろしいもので、二か月も力を出し切って家事をこなしていると、日曜日だから朝寝坊するとか、土曜日だから少し夜更かしをしたいなんて思うことがなくなり、毎朝決まったように4時50分には目が覚めて、22時を過ぎると目は開かなくなる。

 とにかく二か月頑張れ、この期間を過ぎたら楽になる。請け負ったことはちゃんとやれ!と自分に活をいれて出来る事はやってきた。
そしてその仕事が終わって、さて何をしようかと思ってみても、あの習慣が邪魔をして私の手足を縛っている。
 ま、それもいいかも。
人間忙しく働いているときが花で、何をするでもなくただぼんやり暮らすのは私の性格には合ってない。

 9月10日には京都から、43人の「おもしろそうな」集団が檮原へ来られる。
企画会社のTさんと打ち合わせをして、また行きたい檮原って思っていただけるように、しっかりと段取りを決めておきたい。
 暫くは「段取り」で楽しめそう~~~~~~~~~~~~~~~~

 そうそう7月31日から目に入れたら痛い「孫」がきている。
4月に小学校に入り、宿題を抱えて遊びまわっている。何をしても可愛いし、婆ちゃんの私はもうーメロメロ。

ヤキモキ  ヤキモキ 

DSC06757.jpg
  台風が去り水量と濁りが減りはじめました。
DSC06760.jpg
    チラット顔を見せる青空(えぼし山)  


  四万十川が増水して、四万十市の一部に避難勧告が出されました。
四万十市は、私が昨年5月末まで生活していた地域なので、知人も沢山いて台風6号を恨めしく思っていました。
友人のAさんは、避難勧告を受けた地域に住んでいます。
 テレビのテロップで、勧告が出たことを知って私は何度も電話をしてみました。避難しているのに、電話に出るはずがないことに気づかず、何度もダイヤルを(ほんとはプッシュ)回しましたが、話し中のサインしか聞こえず、連絡がつきません。
 パソコンに向かい、高知県水防情報を入手し、ただひたすら雨が止むのを待っていました。

 何時ごろだったでしょうか、測量地点の増水が止まり暫く横ばい状態が表示されました。
2時間後には、少しずつ水は減り始めどうも危機を脱した感じです。
ひとまず安心して床に就きました。
 翌朝、一番にAさんに電話しましたが、相変わらず話し中のサインしか聞こえません。
ニュースでは床上浸水の報道がないので、事なきを得たと信じつつ暫く時間をおいて、受話器を持ちました。

 そしたら、「荷揚げをしたけれど、水は上がってくなかった。浸水しなくて良かったけれど、荷揚げに疲れ果てて・・・・」と。
遠方なので、手伝いにいけないので申し訳なかったのですが、いつもは悠々と流れている四万十川も、上流の降雨量でエライ暴れ川に変貌するのです。
 高知県にも大きな爪痕を残して去った6号台風!
もうー来るな!
くろねこ時計
つ な が る よ 
あくしゅのデーター

hinatatosatori

Author:hinatatosatori
写真は「アケボノソウ」

★19××年8月26日/四万十川の源流付近で生まれました。
一女・二男の母親。
目の中に入れたくても入らない孫二人。

★只今自然エネルギー自給率28.5%の町に住んでいます。伊方原 発廃止のための裁判では原告の仲間になりました。

☆支持政党は、「日本共産党」です。
     
★ 2007年6月1日
  ブログ「あくしゅ」をオープンしました。

★ コメントはどなたからもお受けします。
ただし他人の誹謗中傷の内容だと「私が」判断すれば、管理者の責任で削除します。

★血液型  大型(0型)
身 長   156cmだった。
体 重   測定不能
      

   【アクセス数記録】 

9月13日に1000ヒット達成。11月1日に2000ヒット
12月12日3000ヒット達成! 
08年1月22日に4,000ヒット達成!
5000アクセスは2月29日  切り番は、薩摩長州さん
6000アクセスは4月5日  切り番は友さん。
7000アクセスは5月10日 切り番はネコちゃん!
8000アクセスは6月⒍日  切り番はみどりさん!
9000アクセスは7月3日  切り番はネコちゃん 
10,000アクセスは7月29日 切り番はケンシロウさん
15000アクセスは10月30日 切番はSさん。
30000アクセスは5月29日 切番はネコちゃん  
40000アクセスは9月10日 切番は?

70000アクセスは2011年6月13日 切り番不明
90000アクセスは2012年10月13日切り番さん不明


コメント、ありがとう!
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。